×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Vol.9  2011.6月公演

ウワサの「極にゃん」テインメント!

〜WickedCats and Girl〜仁義なきヤツらがやってきた

CAST

名  前

寸  評

ランク
多田志典 何人の入団も拒み続けてきたU・WA・SAの奴等に初めての新メンバー!U・WA・SAの多田となってはじめてのU・WA・SAの奴等本公演では、劇団〇季のキャ〇ツばりのメイクで、極にゃん「ギンジ」を熱演!最長2時間40分にも及ぶ長丁場を作り出したのも、彼のアドリブあってこそ。つか、長いねん!!いろいろ盛りすぎ〜〜〜(><)これからもよろしく!!

アドリブ度

習田歩未

(PEOPLE PURPLE)

顔合わせ前日に紹介を受けて、演技力とか人となりとかも実質深く知らんままに、まさかのヒロインに大抜擢!稽古は真剣そのもので、ダンスや体術やオス猫っぷりや歌などあらゆる分野を徹底的に仕込まれるも、音を上げず最後まで食らいついてきた。おかげで初見の時に比べてずいぶん痩せた。真っ直ぐで明るい演技がお客さんに感動を与えた。

モテカワスリム度

上垣強

(RandomEncount)

ウザメガネという新たなジャンルを確立し、演劇界のメガネっ子役者たちに一石を投じた変人。稽古中なぜかメガネをアピールする上垣さん。意味なくメガネを落とす芝居を付ける上垣さん。メガネを無くすと力もなくす上垣さん。新しいメガネをかけると元気が100倍に跳ね上がる上垣さん。やたらメガネに固執する上垣さん・・・ウザメガネ!!

ウザメガネ度

1000%

中薗輝

(劇団えろきゅーしょん)

演技がワカイ、現役女子大生!以前「地獄〜」に出演の加藤遥子と同じ劇団に所属で、「地獄〜」を観てから「U・WA・SAに出演したい!」と思いを馳せていた。憧れのU・WA・SA奴等出演!だが、稽古は中々順調にいかず、ベテラン陣の熱血指導にも「足を引っ張ってるんじゃないか?」と自責することもあったとか?大丈夫、オレたちは、仲間だァァァァァ!!!

不死鳥度

光永陽子

(RandomEncount)
この世に生を受けてン十年・・・ついに、この時が来た・・・。幾多のチャンスを逃し、苦渋を飲んできたあの時・・・そんな苦労が報われ・・・ついに・・・憧れの・・・オカン役ゲットォォォ!強く願い、努力すれば、夢は必ず実現するということが証明されたしゅんかんです!!稽古で「オカン」と呼ぶとなんか嬉しそうに微笑んでた。(笑)

オカン度

若木志帆
懲りずに今回も参戦!だんだんU・WA・SAの奴等に欠かせない存在となってまいりました。が、若木ファンの皆さんにいつか怒られやしないかとヒヤヒヤなアツカイしてます(;^ω^)今回はヤクザ(猫の)女親分の役で、またもや姉さんの引き出しに無い役どころ。でもどっこい、メチャはまり役や〜ん♪劇中歌う演歌「猫仁義」は最高!CD出して欲しい!!

女親分度

小出太一 最近U・WA・SAの奴等の芝居に出るたび人気が上がってる気がする(糞・笑)。いつも独りよがりな勢いまかせ感あふれる芝居を繰り広げるが、今回は「兄弟分」ありきのコミカルなコンビプレーが小気味よく、いつもスベルはずのネタパートが概ねウケるというハプニング公演となった!

妹LOVE度

1000%
丈太郎 本人はカッコつけてるつもりないのに何故かカッコつけてるように見えるけどそんなに言うほどかっこよくもない姿がニクイヤツ。小道具作りも積極的(多田さんに言われて半ば無理やり)に担当し、鈍器のように固く、ずっしり重い人参を製作したり、本番で使用する「猫になるための薬」は日替わりで色んな「毒液」を仕込むなどハードな一面も披露した(裏でな)。

U・WA・SA愛度

前田夏季

(劇団吹田市民劇場

おむすび座)

ギンジのネタ振りに対し、よく恥ずかし気もなく「杏里」を歌いきったものだと平伏せざるを得ない(笑)。逆に見ている側を恥辱に塗れさせるなぞ、ドSもここまで極められると清々しい。そんなドS夏季さんは共演者に容赦無し!自分でセリフを勝手に飛ばしといて何故か共演者にブチギレる!でもダンスの振りは1番覚えが良く、他人のパートまでフルコンポ!

ドS度

隅谷和哉
パワフルなおっちゃんで、リハーサル直前に「ちょっとランニングしてきていいですか?」などと意味がわからんことをおっしゃる(笑)。またクールなのにお茶目で、エロいくせにシャイというこれまたわけわかんないニクイアンチキショーです。一時、本人の知らない間にスミさん演じる「ゴンゾウ」のモノマネが流行った。

エロシャイ度

小林浩司

(劇団黒豚農場)
ネ申!ならぬ、噛み噛みの浩司とは彼のこと((笑))。極にゃんの中で、「オジキ」と称される重鎮を演じる。普段もの優しそうで猫あたりのいいオジきであるが、裏では極悪な企みを遂行するいかにもな悪役は、本人スッゲーやりたかった役だったそうな。稽古中、イチローの代役として登板するも、あまりの噛みっぷりにまさかの代役を降ろされる一幕も(笑)。

ネ申度

壬生狼朖

(茂組)
本人たっての希望ということもあり、ヒットニャンとして起用。セリフは殆どなかったが、アクション部分に力をいれてもらった。稽古に来るたびに変更されるアクション!ややこしいことを要求する殺陣師多田志典!挙句はギンジの脚に、背中に、漢気の刃(ドス)が突き刺さる!ワロタ!!

女子度

冨田亜紗子

(茂組)
チョイ役でもいいから出たい!ということで、チョイ役で登場(笑)。作家的には出したかった役であったが、出番少ないから出さないでおこうと思って封印しようとしてたところのスキマ産業!衣装さんをやるかたわら、苦手な長ゼリフを必死こいて練習。ギンジが稽古休みのときに代役の若木姉さんを「もふもふ」・・・ズギューん!!萌ビームにて撃沈・・・チーン

腐度

沙夜香
Hカップ女優降臨!!もう、気になって稽古に集中できん!そんな沙夜香も立派な腐女子。稽古開始時には猫をかぶっていやがったが、「オープンにしちゃっていいんですか?出しちゃっていいんですか?」って、腐女子の刃を抜刀!「始解」の状態で既に殺傷能力が高く「霊力」の高さを伺わせる。「卍解」すると、世界は灰と化す・・・

腐女子度

1000%

朴友鳩
稽古終わりに飲みに行くとなぜか女子チームの中にポツンと座ってしまう引きの弱さ(笑)。ガールズトークについていけず、女子たちとの距離は広がる一方。6月の本番3週間前にはバイク運転中に事故に遭ってしまう引きの弱さ!アバラ2本ヒビ入った状態で本番に突入し、本気で苦しみながらアクションシーンをこなす。また、痛いのに余計なアクション増やす(笑)!

強運度

SAX 河村光司

(ちんどん通信社)
劇中歌を3曲も提供していただきました!!ど演歌「猫仁義」デモテープから爆笑!しっとり「New Moon Night」役者さんと何度も何度もディスカッションして一番苦労した曲。元気炸裂「Run to be Happy!」はロックとビッグバンドの夢のコラボのような新鮮な楽曲!全部異なるジャンルなのにどれも秀逸!この人の頭の中、どないなってんの〜?!得意技は音楽愚駄愚駄パネル漫談

笑いのロン度

GUITER 丸山せせり
「演劇と生演奏のコラボ!って私初めてなんですぅ〜」大丈夫です。ボクらも初めてですってば(笑)!河村さんに引っぱられるがままに連れてこられた女性ギタリスト。もっとたくさん一緒に稽古できるとよかったんですが、時間に限りもありで・・・ちなみに「せせり」とは鳥肉大好きなので名前に入れちゃった!という情報が・・・。いつも湿布を持ち歩いている湿布愛好家でもある。

愛鶏肉度

DANCER 藤原奈美

(SRC)
スーツ姿の男性をこよなく愛すdancer!てゆうか、スーツ着てたら誰でもOKって、それスーツにしか興味ないよね?中の人いらないよね?そんな奈美ちゃん、U・WA・SAの奴等では、くららちゃんと共にアクションに初挑戦!!「私、人を蹴ったこと無いんですぅ〜」・・・まあ・・・そうね。と、おしとやかでお嬢様満開!かと思いきや「猫仁義」ではまさかの顔芸炸裂!毎回楽しみに見てました!

お嬢度

DANCER 実桜くらら
奈美ちゃんと大の仲良しくららちゃんは、自分が稽古休みの時に奈美ちゃんがU・WA・SAのみんなと飲みに行くとすごいヤキモチを焼き、嫉妬の炎で稽古場が大炎上!そしてOSKの偉大な先輩若木姉さんに演出が変顔など要求しようものなら全力で防御!!くららちゃんの溢れる愛で、U・WA・SAの奴等もラブリーな雰囲気にっ!笑い声が意外に破壊力がある!ハァァ〜ッハァ〜ッ!!

ヤキモチ度

DANCER 花田圭

(D.D.R.W)
dancerとして呼んだけど、神主役としても活躍してもらいました。与えられたセリフを毎回必ず噛む!という噛み技を持っており、オジキのオジキと噛みの座を争うことも。登場シーンは意外に多く、冒頭の殺陣(〜ケンスケの部下)、「入れ替わりダンス(体育教員〜一般猫役)」、「猫仁義(神主)」、クライマックスの大立ち回り、と全シーン衣装は総着替えという荒行をやってのける。

ネ申度

(*寸評及びランクには、編集者の個人的な思い入れが大いに含まれております。)

back